ブログ

死ぬまでに行きたい!風光明媚な上高地、穂高連峰

ザ!ハイカーの聖地 ザ!北アルプス ザ!日本百名山

上高地は、長野県松本市にある標高約1,500メートルの山岳景勝地で、神の降り立つ地(神降地)とも称され、中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されている。

山梨県で例えるなら、忍野八海甲斐駒ヶ岳(南アルプス)を融合した、見所満載の超!名所パッケージツアーを楽しめる、ももいろぱんぷきん♪ 認定の「死ぬまでに行きたい!」名所です。これだけ希少で貴重な場所だからこそ、環境保護のために通年マイカー規制をしている。マイカー移動の際、沢渡(さわんど)平湯(ひらゆ)にある各駐車場からシャトルバスかタクシーを利用する事になります。

誰もが写真では知っている日本の景色、雄大にそびえる3,000m級の穂高連峰

北アルプスの最高峰、奥穂高岳(3,190メートル)を中心に、前穂高岳(3,090メートル)北穂高岳(3,100メートル)西穂高岳(2,909メートル)明神岳(2,931メートル)などからなる雄大な穂高連峰。日本百名山新日本百名山花の百名山に選定されている。

さらに穂高連峰の中央にそびえる奥穂高岳(3,190メートル)は、富士山(3,776メートル)、南アルプスの北岳(3,192メートル)に次ぐ日本第3位の高峰です。快晴の日は、観光客も玄人のアルピニストも夢中にする北アルプスの大パノラマが広がります。少し雲がかかってしまいましたが、こんな感じです。


明神池(上高地バスターミナルから徒歩約55分)
標高2,931メートルの明神岳は、かつて穂高大明神が鎮座する山々という意味で、穂高連峰全体をさす言葉として使われ、そして「上高地」とは現在の明神を指しての言葉と言われています。



田代池(上高地バスターミナルから徒歩約20分)




大正池(上高地バスターミナルから徒歩約1時間)

上高地、梓川のお約束。鴨のつがい。時季があえば、こどものカモを連れて泳いでいます。

───実はここまでは昔の写真でして・・・今年は雪交じりの小雨の降る中での寒々しいハイキングとなりました。上高地もリピーターなので、ちょうど同じ時季の様子が分かる写真を持ち合わせていたところですが、上記のように晴れてくれないと、穂高連峰北アルプスを眺めることができません。ここから先は清流や点在する池の透明度や美しさが写真から全く伝わらないですが、ご容赦ください。天気予報は晴れだったのに、、

それでは改めまして、今年の紅葉のピークを迎えた10月下旬の上高地です。

上高地のランドマーク、河童橋(上高地バスターミナルから徒歩約5分)
河童橋といえば上高地。上高地といえば河童橋、と称される上高地のシンボル!日本を代表する文豪の芥川龍之介は、小説『河童』に河童橋を登場させている。天気が良ければ、穂高連峰を望む事ができるのに、本当に残念。河童橋のほとりに、梓川流域と北海道の十勝川流域の一部など、ごく限られた所にしか生育しない、希少価値の高いケショウヤナギの大木があります。




そして山梨県民の間でも馴染みの深い梓川。そう「あずさ」です。JR東日本の特別急行列車名で、兄弟デュオ狩人の曲名でよく知られています。梓川はクリスタルの様に透明度が高く、川底の白さがキレイの秘訣!


上高地バスターミナル・上高地インフォメーションセンター・上高地ビジターセンター
ここが交通、観光、登山、ハイキング、全ての起点で、合流地点です。昔に比べると見違えるように立派になりました。ここでもまた外国人旅行客がとても多く、インバウンド効果絶大です。

上高地帝国ホテル
森林を進むと、赤い三角屋根が可愛い、上高地帝国ホテルが現れる。帝国ホテルというと、格式のあるハイクラスホテルで敷居が高いイメージだが、ここは日本初の山岳リゾートホテルのようだ。赤い三角屋根と丸太小屋をイメージするような山小屋風のデザインで、上高地の自然に溶け込んでいる。さすが、帝国ホテル!
サービスは超一流の帝国ホテル品質で、大自然の中で泊まれるなんて、贅沢ですね。でも東京のようなケーキバイキングはしていない。




ウォルター・ウェストン碑(河童橋から徒歩20分)
梓川のほとりに、ウエストン碑がある。英国人宣教師のウォルター・ウェストン。登山家として日本各地の名峰を制覇し、日本に近代的な登山意識をもらたせ、日本山岳会結成のきっかけを作った人。明治21年(1888年)から、日本に滞在した約7年間で槍ヶ岳穂高連峰に挑んだようで、彼が居なかったら登山を楽しむなんて文化、日本にないままだったのかもしれない。

それにしても、登山道なんて整備されていない時代に、名峰を制覇するなんで、すごい人!『日本アルプス登山と探検』の中で、自らが登った上高地穂高連峰槍ヶ岳の名を広く世界へ称賛し有名にした。日本の名山や高原などの観光地の多くを、英国人が登山や観光開発している事案をよく耳にします。英語でグローバルに発信することの重要性は今も昔も変わらないということですね。

ウォルター・ウェストン碑から、上高地帝国ホテルに向かう途中にある、穂高橋田代橋


東京電力 奈川渡ダム(展望台)
ここまで下山すると雨が止み、始まったばかりの紅葉のグラデーションがちょうど良い感じ。ここから乗鞍高原まで車で25分。上高地行きとの分岐点でもあります。上高地行きが大渋滞の時のプランBとして覚えておいてください。

上高地(上高地観光旅館組合)
沢渡駐車場 さわんど第1駐車場(いっぷく平)
長野県松本市安曇4151-1[ GoogleMaps
電話 0263-93-2556
◆交通
中央自動車道 松本ICより国道158号線で1時間(大渋滞するため、実質2時間以上)
◆駐車場
有料駐車場あり(駐車台数多いですが、大渋滞するため、お早めに)
※お奨め駐車場は、さわんど第1駐車場(いっぷく平)、第2駐車場(足湯公園)、第3駐車場(かすみ沢)。第4駐車場(岩見平)、アルピコ交通さわんど車庫前はお奨めできません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る