ブログ

山梨の秋の象徴!ころ柿と紅葉

毎年甲州市では、紅葉が始まるころ、渋柿の収穫の最盛期を迎えます。
渋柿の皮をむき天日干しすることで、飴色の甘~く柔らか~い、ころ柿(枯露柿)になる。いわゆるドライフルーツです。
柿農家の多い甲州市の恵林寺近くでは、ご覧のような昔懐かしい古民家や生産者の様子を見ることができます。この天日干しの製法から、吊るし柿(つるしがき)とも呼ばれている。

山梨県特産物のころ柿(枯露柿)
山梨県特産物のころ柿(枯露柿)
山梨県特産物のころ柿(枯露柿)
山梨県特産物のころ柿(枯露柿)
山梨県特産物のころ柿(枯露柿)

この季節になると各局がテレビ中継する、山梨の秋の象徴!岩波農園の圧巻の干し柿(ころ柿)の様子。
古民家とオレンジ色の干し柿と青空のコントラストは、日本人は懐かしく、外国人は感動を覚えます。
岩波農園では、時季によりますが、庭先(産直)で、ころ柿や甘柿を販売しているので、山梨県特産物の秋の味覚を楽しむこともできる。

岩波農園のころ柿(枯露柿)
岩波農園のころ柿(枯露柿)
岩波農園のころ柿(枯露柿)
岩波農園のころ柿(枯露柿)
岩波農園のころ柿(枯露柿)
岩波農園のころ柿(枯露柿)
岩波農園のころ柿(枯露柿)
岩波農園のころ柿(枯露柿)

岩波農園のお隣、武田信玄公の菩提寺として知られている乾徳山 恵林寺では、紅葉は始まったばかり。桜並木の参道はしっかり緑が残っています。境内は色づき始めたところ。もうすぐ紅葉の見頃を迎えるでしょう。

恵林寺
恵林寺
恵林寺
恵林寺
恵林寺

恵林寺の境内には戦国武将、武田信玄公の残したお宝を展示している「信玄公宝物館」がある。大河ドラマや歴史好きの方の血が騒ぐ、マニア向けの博物館です。

信玄公宝物館

例えば、こちらは過去の展示物ですが、普段は山梨県立博物館に収蔵されている、武田信玄公に関係する宝物を一堂に会し展示することもあり、運がよければ、戦国時代の書物や巻物、旗や刀などなど目白押し。中でも目を惹くのは『川中島合戦図』───

武田信玄公に関係する宝物 武田信玄公に関係する宝物

川中島の合戦といえば、北信濃の支配権を巡って行われた八幡原での戦いにおける、武田・上杉両軍による合戦で有名です。一目で優勢・劣勢の分かる構図・・・随所に書き込まれた文は、合戦の経過を正確に記録しているからスゴイ!

川中島の合戦(川中島合戦図) 川中島の合戦(川中島合戦図)

乾徳山 恵林寺
山梨県甲州市塩山小屋敷2280番[ GoogleMaps
電話 0553-33-3011
◆交通
JR中央本線 塩山駅から車で10分
◆駐車場
無料駐車場あり

財団法人歴史博物館 信玄公宝物館
山梨県甲州市塩山小屋敷2280番 地臨済宗乾徳山恵林寺山内[ GoogleMaps
電話 0553-33-4560(代)
◆交通
JR中央本線 塩山駅から車で10分
◆駐車場
無料駐車場あり

岩波農園
山梨県甲州市塩山小屋敷1579-1[ GoogleMaps
電話 0553-33-9585
◆交通
JR中央本線 塩山駅から車で10分
◆駐車場
無料駐車場あり(近隣の駐車場を使いましょう)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る