ブログ

ビバ!シネマライフ

昨日から始まりましたよぉ、これから約2ヶ月続く
私のシネマライフが映画
大学の春休み、夏休み中は女子大生業もしばしお休み。
なので、毎週水曜日のレディースデーは仕事帰りに映画を観て帰る!
と決めているんだ。
月に4本も、ゲキジョーで映画が観れるなんて、
シ・ア・ワ・セラッキー
なんだけどー、「レディースデー」って優遇なのか差別なのか?っていつも考えてしまう。なんなんだろうね?
まあ、これは後々考えよう。
ということで、第一弾は、今ノリにノッている
『THE 有頂天ホテル』を観たよ~ん。
(英語では『THE WOW-CHOTEN HOTEL』と綴ってあった)
邦画を映画館で見るのは『踊る大走査線The Movie』以来だった。
これは、いわずも知れた三谷監督&脚本作品。
ほんっとに豪華キャスト。
緻密な構成のオムニバスっぽい映画。
笑いは、大爆笑ってよりはクスって感じかな。
けど、ハッピーなストーリーだよ。
まだこれからも人もいると思うので、これをご参考に!
  
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
   ★  ★  ★  ☆  ☆  
星3つ…ちょっと辛いかな?
一番前の席で全体像がつかめなかった上に首が痛くなったせいかも…
THE有頂天ホテル
昨日は、時間ギリギリに映画館に飛び込み、
終わった後でゲキジョーの看板を撮ろうと思ったのに…。
ライトがすでに消されていた…。
ライトがついていたらかなりレトロでおしゃれな感じが出てたのに。
ぼろっちぃ映画館て大好きです。
For about 2months,my cinema life begins from now on!
I’m the feeling that is exhilarated.
Because a university is a long-term holiday until April,I watch a movie for a work return on every Wednesday.
(But my work is full time…)
I’m happy that I can watch a movie in a theater four times a month.
When work drags on,I give up watching a movie unwillingly.
I first watched “THE WOW-CHOTEN HOTEL”.
It was after a long absence to watch a Japanese movie in a movie theater.
This movie is a work of director Mitani becoming a topic terribly now.
The cast of this movie is the luxurious members.
It’s a story of minute constitution and like an omnibus.
Please refer to this if you watch “THE WOW-CHOTEN HOTEL”from now on.
It’s three atars!
Is it better evaluation?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る