ブログ

経済革新塾第2回目 ~ITを導入した経営革新策(1)~

こんにちは楽しい結です。
NewYork Girlと2人通っている、経営革新塾!
二回目の内容は、私がお伝えいたしますGO!
経済革新塾第2回目
~ITを導入した経営革新策(1)~
ーー授業内容ーー
・ITを理解する
・会社のIT投資
・ITの導入でできる業務革命
まずはITという用語の意味の確認。
(1)ITはInformation Technologyの略。
(2)コンピュータデータ通信に関する技術を総称的に表す言葉です。
ITを会社に導入すると実現できる良いこと。
それは
(1)効率化・削減
(2)情報の共有化 です。
(1)効率化・削減
利益を上げるために、作業の効率をアップさせること、つまり無駄な時間やお金・スペースを削減することは必須!
・膨大な紙書類をパソコンで管理する → スペースの削減
そうすることで、書類のあったスペースは、有効スペースに。
もしくは、より安い場所に事務所など移転することも可能になります。
ただし、これのポイントは入力作業の手間暇も考えながら、将来的に有効になるかどうか。
考えることが必要ですねグッド
・メールの利用 → 時間の削減
一般的に定着してきているメールです。
メールはまず、分類が簡単。
過去の重要な文書などを探すにも、メールにあるソート機能で簡単に日付・送信元順に並べて、簡単に見つけられます。
また、送信~受信も郵送のように時間がかかりません。
しかも、やりとりの内容がきちんとログとして残るので、電話でのやりとりで起こりかねない「 言った 」、「 言わない 」などのトラブルも未然に防げます。
連絡手段が、郵送と電話だけだった時からすれば、画期的な変化ですよねびっくり
・SkypeやIP電話の導入 → お金の削減
SkypeとIP電話は、インターネット回線を利用した通信手段。
特に、Skypeはテレビ電話のようにカメラでお互いの様子をリアルタイムで見れるところも特徴です。
新しくできた製品などをカメラで報告することも可能拍手
何よりこの2つ、Skype ⇔ Skype、IP電話 ⇔ IP電話では通話料無料
規模の大きい企業になってくると、こういったものの導入で年間1000万円のコスト削減をした実例もあるそうです。
それぞれ気になる方は、下のリンクからチェックしてみてくださいイヒヒ
Skype → http://www.skype.com/intl/ja/
IP電話 → http://www.ipden.jp/
この他にも、もっと色んなIT活用方法がありますが、まずはこの辺で。
次は、
(2)情報の共有化
インターネット・イントラネット( 社内ネットワーク )などの特性は、情報の共有。
例えば、私がここで経営革新塾の情報を発信することによって、経営革新塾を受講していないあなたも、内容を知ることができるということですね。
内容を正確に伝えられるかどうかは、書き手によりますがたらーっ
仕事でのミスや問題点なども、ネットワークを利用して情報を共有することで、他の人が同様のミスを起こす可能性を低くすることができます。
これも、大きな効率アップ対策ですよね楽しい
このように、ITの導入によって様々な角度からの効率化がはかれるのです。
ただし、企業規模や職種などによって、より適切な導入の仕方を検討しなければ、ちゃんとした効率化には結びつかないので要注意STOP!
IT導入の良いところの次は、インターネットの活用ですPC
インターネットといえば、ホームページ!という発想は安直でしょうか?撃沈
さて、このホームページ。
まず、大事なのはそのURLが覚えやすいものであるか
次に、検索で上位にくるか
この2つが、いかにアクセスされるホームページかのための重要なポイントOK
今回の授業では、検索エンジンで上位表示された企業について、過去テレビで放映されたものを授業中に見たのですが、そこではYahoo!JAPANの検索で一位表示になってから問い合わせが十倍に跳ね上がった企業の様子が述べられていました。
“印刷会社”という検索キーワードで、電通や博報堂のサイトを押さえて見事一位に輝いた企業です。
検索エンジン最適化 SEO対策で、その場所を獲得したのです。
でもその企業さんを抑えて、今ではまた別の企業がトップに立っています!
とても競争の激しい世界なのです悲しい
そんな競争の激しい世界でのアクセスアップの秘策、SEO対策の詳細、また技術的内容は次回!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る