ブログ

大手メーカーさんで紙工場見学!

こんばんわ NewYork Girlです。
社会見学として山梨県大手の紙製品並びに産業包装用品の製造及び販売をしている会社社会見学 ビル
ちょっと緊張しました。ドキドキ ムニョムニョ
とっても大きな工場で熨斗や熨斗(のし)袋、封筒・パッケージなどを製造から発注までやっていて、普段なにげなく使っているものが、こんな風に製造されているのだと
感激しちゃいました。びっくり
工場見学なんて高校の修学旅行飛行機で、お菓子の工場を
見学したぶりかも♪♪
ここは、お菓子の工場とは違ってまた新鮮な感じ
まずは、工場に入るのに白い帽子を被って入場backback
なんか小学校の時に着ていた給食着みたいです。
なんか久々に学校給食食べたくなちゃいます。パクッ プシュー
それは、ともかく・・・給食帽子を被って工場へ。
まずは、ウェディング桜 とかで使われる紹介状とか
熨斗とかのオフセット印刷しているところ見学
ちょっと凹んだものなどや少ない印刷の場合には、
1枚・1枚型にはめてプリントしていました。
エンボス加工によって、立体感をだすことが
できるそうです。
それに、箔押しをすることでウェディングらしい
華やか・ゴージャスさを表現星
お次は、PS版と6色印刷機です。 見る
今日見たのは、熨斗
1色・1色づつプリントしていきます。
機械の一番端に紙をセットし、逆側にでてきます。
紙が、積み上げていって上まできたら自動でストップし、下がってくるというとってもおりこうちゃんおはな
でも、近くによるとインクの臭いがっ!
ちょっとキツいかもしょんぼり
花粉症な私のお鼻が、微妙に反応ひらめき
そんなときに一段階は、見終え次の段階へbackback
今度は、1枚・1枚プリントではなく大きなロール紙
にての大量生産です。
クルクルと回りながらプリント&カット!!
そして、カットまでしたものを袋にパックよつばのクローバー
今の機械は、すばらしいですなぁ**
ほかにも、お年玉袋・熨斗袋などを組み立て
すべての印刷工程を見れました。
まだまだお正月かどまつ は、先なのにこんな時期から
作っているんですね。
そして、これからいろんなところに発注される場所を
見学バス プシュー プシュー
広い倉庫に今まで工程で作られてきた商品たちが、出番を待っていました。
わかりやすいように売れすぎの商品を2段階の棚に下の棚にストック!
そして、行き先などをバーコードで仕分けしてました。
2階だてで、2階にはさらに細かく小さく商品が棚に整理されていました。
今は、大量に商品を注文して倉庫を持つ人より必要なときに必要な分だけ注文する人が多いみたいで、とっても大変だそうです。
これ、とりあえず一回り見学修了楽しい
山梨で、これだけの印刷をしているのはココだけかも知れませんね。
それでは、ココで専門用語のおさらい。
きのこレッド オフセット印刷
 版から直接印刷するわけではなく、一旦ブランケット と呼ばれる胴に画像を転写させ、そこから紙に印刷  されます。
きのこレッド エンボス加工
 板金や紙などに文字や絵柄などを浮き彫りにする加工
 エンボス加工は、裏面を押し上げて浮かす
 (したがって裏面は凹む)方式、表面に特殊なインク を付着することで凸部を形成する(裏面は凹まない) 方式。
きのこレッド 箔押し
 画面にあかしした箔を接着させることを「箔押し」と いいます。
きのこレッド 6色印刷機
 通常プロセスカラーと言われているCMYKの4色(回) が主流となっているけど、ここでは一回の印刷工程  で、6色(回)まで印刷できる多色印刷機。
きのこレッド ロール紙
 輪転機を回す時に配給する原紙。断裁などされていな い、大きな大きなロール状になっています。
きのこレッド PS版
 支持体に主にアルミニウムの薄板を用い、表面に化学 処理を施して強度をあげ、また水を保つようにしている。
 非画線部が水になじんで、インキの油をはじく性質を 使って画像形成をする。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る